さくま歯科

虫歯とは口の中の細菌が作り出す酸によって起こる歯の欠損状態のことです。

虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、虫歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。

痛みに対する配慮について

局所麻酔によって治療中に生じる痛みをなくします。

麻酔をする時のチクッとする痛みは嫌なものです。

このチクッとする痛みをなくすため、はじめに塗る麻酔薬(表面麻酔)を使用して粘膜の感覚を鈍らせます。

なるべく細い針を使用し、ゆっくりと麻酔薬を注入していきます。痛みを感じにくいところから麻酔をはじめ、数回に分けて行います。

麻酔がしっかり効くまで一定の時間待ちます。

このような手順で行うことで、「いつ注射したか分からなかった」「まったく痛くなかった」という声をいただけるよう努力しています。

C0:虫歯の初期状態

エナメル質(表面の白色の硬い部分)が白く濁っている状態や茶色に着色している状態です。まだ穴は確認されない、初期の段階です。

C0になった際の治療法は再石灰化両方を用います。

C1:虫歯の中期状態

エナメル質内に虫歯が進行し、小さな穴があいている状態です。

この時点では痛みが生じていないことが多いです。

C2:虫歯の後期状態(初期)

象牙質(エナメル質の下の柔らかい部分)まで虫歯が進行した状態です。

大きく進行すると冷たいものや熱いもの、甘いものがしみることがあります。

C3の状態になった際の治療法

根管治療

C3:虫歯の後期状態(中期)

歯髄(いわゆる歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。

歯の神経に炎症がおこり、ズキズキした痛みがでることが多いです。

C4:虫歯の末期状態

歯が大きく崩壊し、根だけになっている状態です。神経が死んでしまい、痛みが全くないこともあります。放置すると根の先で炎症を起こし、膿が溜まることがあります。抜歯をしなければいけない確率が高まります。

C4の状態になった際の治療法

根管治療

ブリッジ

虫歯の治療法についての考え方

当院では、なるべく削らず(削ったとしても最小限で、最大の治療効果を上げる)、なるべく歯を抜かないことをコンセプトに治療を行っています。

このコンセプトを歯科専門用語でMI(ミニマルインターベンション、Minimal Intervention)といいます。

現在、世界の歯科界で広く支持されています。

もし虫歯になってしまったら…

再石灰化療法

虫歯の初期は、唾液の働きやフッ素などによりエナメル質表面を修復することが可能です。

このことを再石灰化といいます。再石灰化はヒトの体が持っている自然治癒力により促されます。まずは歯を削らずに、再石灰化を目指します。

しかし、 虫歯が進行してくると、治療が必要です。

その治療方法はケースバイケースですが、虫歯の検知液を使用し、赤く染まった部分を除去していきます。

虫歯は取り残さないことが大原則ですが、歯の神経の近くまで虫歯が進行している場合は、薬剤を入れて経過を見ることがあります。その後、詰め物やかぶせ物を装着します。

重度に進行すると、根の治療(神経を除去する)や歯を抜かなくてはいけないこともあります。

歯の根の治療の説明

できるだけ神経を取らず、生まれ持った歯を出来るだけ残して、歯の寿命を延ばしていきましょう。

自分の歯に勝るものはありません。

そのためには定期検診による早期発見、早期治療、メインテナンスが重要です。

ホームへ戻る

さくま歯科では丁寧でいたくない治療を目指し、常に患者さんの

お口の中の状況やご要望を十分にお聞きしてから治療を開始いたします。