さくま歯科

睡眠時無呼吸症候群の治療について

昼間の眠気、熟睡感がないなどの自覚症状があります。睡眠中に10秒以上の呼吸が停止する無呼吸状態が5回以上繰り返される病気で、車や電車など運転手による事故にもこの病気が隠れていることがあり話題になりました。生活習慣病と密接に関係していることもあります。

原因は睡眠中の筋弛緩により気道を閉塞する閉塞性睡眠時無呼吸症候群と、脳血管障害・重症心不全などによる呼吸中枢の障害で呼吸運動が消失する中枢性睡眠時無呼吸症候群があります。診断や治療方針の決定は呼吸器や循環器の内科で行いますが、治療法の中にスリープスプリント療法というものがあります。これは寝ている間にマウスピースを装着することで、空気の通り道を確保し無呼吸症状を改善する治療法です。

歯科領域で上記診断はできせんが内科などでスリープスプリント療法の適応と診断された場合は紹介状持参の上、当院でマウスピースを作製することが可能です。

ホームへ戻る

さくま歯科では丁寧でいたくない治療を目指し、常に患者さんの

お口の中の状況やご要望を十分にお聞きしてから治療を開始いたします。