さくま歯科

マタニティ歯科について

妊婦さんと産まれてくるお子さんの予防を中心としたものです。麻酔をする時のチクッとする痛みは嫌なものです。

妊婦さんがリラックスして治療が受けられるように心がけています。

治療は安定期の妊娠16週~28週に行うことが望ましいです。

おなかが大きくなるため、あおむけの治療が苦しい場合があります。その際は、歯科医師が立って治療を行うなどの対応をすることで、苦しくない体勢で治療します。

また、つわりなどで気分が悪い場合は、少しずつ休憩をしながら治療を行います。

妊婦の歯周病

妊娠すると唾液の中に女性ホルモン(エストロゲン)が増加していきます。

その女性ホルモンをエサにする歯周病の原因菌が増えることにより、歯肉が腫れる、血が出やすくなるなどの歯肉炎、歯周炎が起こりやすくなります。

また、歯周病の妊婦さんは、そうでない妊婦さんと比べて早産や低体重児で生まれる可能性が7倍高いという報告もあります。

▶︎薬について

適切な使用時期、使用量、使用期間を十分に考慮し、妊娠中や授乳中でも安心して使用できる抗生物質、鎮痛薬を選択して使用することが可能です。

▶︎レントゲンについて

歯科治療中のレントゲン撮影の被ばく線量は、全身への影響は極めて小さいです。防護エプロンも使用しますので卵巣まで放射線が散乱する量は、極少量です。

▶︎麻酔について

歯科治療で用いる麻酔薬(リドカイン)が、母体、胎児には影響がないとされています。

マイナス1歳からの虫歯予防

お母さんのお口の環境が、産まれてくるお子さんに影響

現在われわれの歯科界では、この言葉をよく聞きます。

これは、妊婦さんはもちろんのこと、授乳中の方やお腹の中で育っているお子さんも対象にしています。

お母さんのお口の環境が、産まれてくるお子さんに影響することが知られています。

妊娠中に適切なお口のケア、フッ素やキシリトールを使用することで、ムシ歯の原因菌(ミュータンス菌)を減らすことが重要です。

生まれたてのお子さんにはムシ歯の菌が存在しないと言われています。

ムシ歯の菌は、1歳7ヶ月~2歳4ヶ月の間をピークに感染する説が有力です。

お母さんをはじめ周りの大人のムシ歯菌が口移しや使用したスプーンなどで感染すると言われています。

ホームへ戻る

さくま歯科では丁寧でいたくない治療を目指し、常に患者さんの

お口の中の状況やご要望を十分にお聞きしてから治療を開始いたします。