さくま歯科

根管治療について

歯の神経まで、ムシ歯が進行した場合、根の治療を行います

歯の神経に炎症が起きる状態(歯髄炎)や根の先に炎症を起こし、膿がたまっている状態(根尖性歯周炎)の時に行います。根の管を清掃し炎症を改善させる治療です。

治療の流れ

治療の流れ

① 歯の神経を取ります。

神経が死んでしまったときは、その残留物を取ります。

② 根の長さを測定していきます(重要な処置であるが、難しい作業)。

そのあとに根の先まで治療ができるように、根の長さを測定します。

③ 治療・清掃

根の管の形を整え、清掃を行います。

④ 治療・貼薬

根の管に薬を入れ、消毒を繰り返します

(場合によっては長期にわたることがあります)。

⑤ 薬剤等で密封

消毒が終わったあとに、薬剤等で密封します。

⑥ 詰め物・冠を被せる

詰め物をしたり、場合によっては土台を作り、冠を被せることがあります。

根管治療後の痛みについて

根の治療中や治療した後に痛みが残ることがあります。

様々な原因がありますが、痛みの原因を検索して落ち着くように対処していきます。

根の治療を行った歯は、神経が生きている歯と比べて違和感が残ってしまう場合があります。

ホームへ戻る

さくま歯科では丁寧でいたくない治療を目指し、常に患者さんの

お口の中の状況やご要望を十分にお聞きしてから治療を開始いたします。